よみコミ!

よみコミ!

漫画の感想ブログ。メジャーなものから隠れた良作まで幅広く読んでいます。誰かの新しい漫画の出会いの場になれば幸いです。

Amazonニュースまとめサイト「きんどう」で書評を書いてみた。

f:id:sasa_comic:20170628174157j:plain

タイトルの通りKindleを中心としたAmazonニュースまとめサイトきんどう)で、月刊少年エースで連載中の瀬口たかひろ先生のグルメ漫画『漫画家接待ごはん』第1巻の書評を書きました。


こちらが私がゲストポストで書いた記事です。

 

 

 

 

気になった作品があれば参加してみよう!

「いつの間にか雲の上の人になって…」と一瞬でもいいから誤解され(ry
「何か面白そうなことやってる」と思い飛び込んだこの企画ですが、実際のところ応募に人数制限があるだけで誰でも参加できます私自身も誰かに言われたわけでなく、ツイッターでたまたま気になってた新刊の書評募集を見かけたので参加してみた次第です。

 

以前から作者の瀬口さんになぜかフォローされてるのでこの書評で少しは還元できたら嬉しいな。描くキャラは美少女。中の人はおっさんというよくあるパターンですが漫画のノリと作者のノリが似てて私は好きです。しょうもないけどこのツイートが妙にツボ。

 

 

実際どんなことをするの?

詳細はこちらのリンク先をご覧ください。

 

リンク先に飛ぶの面倒だよって人向けに一部引用すると、こういう企画です。

本企画の目的はきんどうが『うっわー、気になる』と思った新刊作品を代わりに掘り起こしてもらい、同じように気になってた読者の選択肢として提示をすることにあります。その結果として読者に「この本、こういうところが響いた!面白かった!スゲェ」が伝わるようなものいただければ嬉しい。書評というより、書籍のプロモーションに寄与できればと考えています。

「この本を読んで下さい。原稿料はこちらです。」ではなく「この本、気になってたひと感想教えてください。謝礼もあるよ」という意図なので、ライター仕事として無理に読んでいただかなくても大丈夫ですよ。応募してみたけど、やっぱ無理です;; というのももちろん構いません。ユルくいきましょう。

 

要はきんどうで気になった新刊を選んで誰か代わりにPRしてみませんか?という話。実際全く知らない作品をいきなり読んでみよう!とはなかなかなりにくいし良い企画だと思います。


書評(PR)の形式は気になったページのスクリーンショットを3~5枚添付以外は特に言及されなかったため、ブログで書いている個別感想の記事とほぼ同じ形式で書きました。

原稿が完成したら連絡をし、原稿をワードで、画像は解像度の関係もありメールに添付して送付しました。

メールで加筆修正のやり取りを行った結果、最終的に2000字程度になりました。文量はこれで大丈夫か気になりましたが、きんどうさん的には1500字~5000字程度が目安だそうです。

読むのも書くのもそれぐらいがちょうど良い文量かなと思うので、ブログもそれぐらいの読みやすくて興味持ってくれそうな文章に改善していきたい。

タイトルはきんどうさんが元々考えていたようで、私が考えたタイトル案(ごはんはいつだって美味しく!楽しく!面白い!)とは少し印象が変わったかもしれませんが、内容についてはほぼ修正されることなく無事きんどうに書評が掲載され、謝礼のAmazonギフト券2千円分をいただきました。漫画の購入代金に充てさせていただきます。

 

やってみた感想

ライター業もどきは大学時代のアルバイト以来だったので面白かったです。正規のライターさんからすればもっと適切な報酬額があるとは思いますが、記事書くのは素人ですしこんなもんかなと。きんどうさんも基本スタンスはユルい感じでいきましょうと言ってたので気を負わず書けてやりやすかったです。

 ブログやツイッターには本や漫画が好きだという方が大勢いますし、「これもっと色んな人に読んで欲しい!!!」という人や「最近PV数増えないし何か変わったことしたいなー」という人はぜひこの企画に参加してみてはどうでしょう。何かいいことがあるかもしれません。

 

 

一応こちらでも『漫画家接待ごはん』の宣伝をしておきます。華やかな料理・個性豊かな編集者・漫画業界の裏話も知ることができて面白いですよ。

試し読みはこちら